公益財団法人 福島県区画整理協会

区画整理事業とは?

「あなたのまちが抱える課題」

将来的な計画がないまま造られたまちは、時間とともにさまざまな問題が発生してきます。
道路が狭い、川が汚れたままになっている、緑のうるおいがないなど…。
お住まいの方々は「どうしようもない」とあきらめてしまうのがほとんどです。
しかし、これらは解決できない問題ではありません。
みなさんで協力して環境を変えることができるのです。私たちがお手伝いします。

あなたのまちでは、道が狭いため、車がうまくすれ違えなかったり、歩行者が危険にさらされるようなことはありませんか。
こんなまちでは、いざとういう時に消防車や救急車が入れない恐れがあり、また、子供たちも安心して学校へ行けません。


豊かな緑や安心して遊べる公園がありますか。
子供の遊び場として、また、住民の交流を深める場として、公園、緑地、広場はまちに必要な施設です。


川が汚れていたり、ちょっと雨が降っただけで、水路があふれたりするようなことはありませんか。
このような排水が悪いまちは、不快であると同時に、衛生上好ましくありません。


現在、道路に面した農地をお持ちの方だけがその土地を宅地に転用していきますと、やがて、その奥に有効に活用できい大量の土地が残ってしまいます。
このまるで「虫食い」のような状態は、せっかくの土地を台無しにしてしまうことになります。
周辺の宅地化により生活排水が用水に流れ込み農業経営に支障をきたします。
遺産分割するにも分割して利用する方法がありません。


無計画なまちづくりはこんな結果に…。

 

住宅地として整備されていない土地を放任しておけば、虫食い的に家が建ち始めます。
道路が整備されていないのに、住宅が無秩序に建ち始めています。これをさらに放置しておきますと、ますます密集し、手のつけられないほど生活環境は悪化します。
入り組んだ道路に家がバラバラの向きで密集しています。道路は狭く、曲がりくねっていて、見通しも悪く、危険で公園も広場もありません。